Top > ペット保険のデメリット

ペット保険のデメリット

ペットに保険を掛けることは医療費を抑える意味としても重要なことですが、いいことばかりではないようです。保険にはメリットとデメリットがあり、加入は両者をよく比較検討してから行いましょう。
デメリットについて説明します。ペット保険での1番のネックは保険料が掛かることです。
保険ですから当然なのですが、ペットの年齢などによって年々保険料が上がってしまうものもあり、特約を多くつけるとその分だけ保険料も高くなります。
ペット保険には病気をしなければ健康払い戻し金が、特定の疾病、あるいは死亡した時に見舞金が下りるケースもあるものの、ほとんどは掛け捨てになります。また、ペット保険では給付金に関するトラブルがあるのも事実です。
給付金請求したら、何らかと理由をつけて保障範囲外にされるといったことが問題になることもありますから、ペット保険選びは慎重にならなくてはいけません。中にはマルチ商法のようなペット保険会社もあり、注意が必要です。
それから、飼い主さんの中には加入したからといって健康管理がおろそかになる方がいることもデメリットです。ペット保険はあくまでも安心を買うもので、ケガや病気にならないように普段の生活から注意するのは飼い主の務めなのです。デメリットについてよく調べておくのが保険加入の際の重要なポイントと言えるでしょう。

 

 豆乳クッキー  喘息  小顔ダイエット  原因別小顔ダイエット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ペット保険のメリット(2009年5月24日)
ペット保険のデメリット(2009年5月24日)
ペット保険の評価と口コミ(2009年5月24日)
ペット保険を請求するには(2009年5月24日)
ペット保険人気ランキング(2009年5月24日)